代表取締役 山内和美の時々ブログ

カズシン 和新(かずしん) 和シン(カズ・シンプルのシン) 和心(かずしん・こころ)

弊社の名前は、カズシン株式会社です。

 

「カズシンというのはどういう意味で付けたのですか?」というご質問を受けることがよくあります。

個人事業主で走り始めて数カ月で法人化することとなった際、急な展開でのことでしたので、法人の名前をゆっくり考える時間がありませんでした。最初は「ヤマシン」山内のヤマと新しいの意味を込めて、山新(ヤマシン)と考えました。「新しい」の意味は、心機一転とか、新たなという気持ちを込めてのことです。

 

インターネットで「ヤマシン」と検索すると、同じ読みの法人名が複数あがってきました。それで今度は、名前の「和美の和(カズ)」の方をとって、「カズシン」で検索してみたら、それほどかぶる名前がなかったので、即決で「カズシン」と名付けました。

 

カタカナにしたのは、「和」は「わ」とも読めるし、「かず」とも読めるので、響きを「かずみのかず」にしたくて、カタカナで「カズ」その後続けてカタカナで「シン」としました。

したがって、本来の「カズシン」の意味を漢字に当てはめると「和新」となります。

 

その他に、後付けですが、2通りの意味をかけて、「カズシン」に「自分らしさ」と「願い・確信」を込めております。

1つが「シンプル」の「シン」です。そしてもう1つが、「心(シン・ココロ)」です。

シンプルであることが「自分らしさ」であり、幸運にも「在りたい自分」であります。

私自身の過去から現在までを思うとき、とくに「行動力」に特徴があり、強い力であろうと思われます。

その「行動力」は良いばかりではないのですが、良くてもわるくても、「シンプル」な結論を導き出してくれます。

だから、私は「シンプル」という言葉が好きです。

「心」という言葉も好きです。目で見るのではなく「心で見る」方が、よく見える気がするからです。

もともと私は「目で見る」ことはあまり得意ではないのだと思います。そのせいもあってか、「心で見る」ことの方が私にとっては、より正確なものが写るように思われます。

だから、「和心(カズシン)」がフィットします。

「人はとても難しい」「人はほんとにわからない」だからこそ、「シンプル」に「心で見る」ことが生きてくるのだと感じています。

「シンプルのシン」「心(こころ)のシン」 私がこれから進む道は、この二つの言葉がおしえてくれると思います。

 

それからもう1つ。「和美の和(かず)」は、調和の和(わ)。いろいろな人と調和をしてこそ、私は、美(び)と巡り合える可能性が高くなるのだという気がしています。

この世の中の美しい(目で見て、ではなく、心で見て)事や物、そして「人」と巡り合える人生を生きていければ、どれほどすばらしいことでしょう。だから私は「調和」を「美」につながる意識として認識しているような気がいたします。

 

皆様の名前にはどのような意味がありますか?

お会いできる日がきましたら、是非おきかせください。

これから、時々ブログを書いていきます。

よろしければ、お読みください。

今後ともよろしくお願いいたします。